アンテナ工事でトラブルが起きた時にやるべきこと

アンテナ工事でのトラブルとしてよくあるのが、予算以上の費用が発生したり身に覚えのない契約を結ばれたりするというものです。悪質業者はどこの業界にもいますが、アンテナ施工業者も例外ではありません。また、自力でアンテナ設置をしようと思っている方には想像していなかったトラブルが起こるケースもあります。アンテナ工事で特に注意をしなければならないトラブルの種類と対処について、ぜひチェックしてみてください。

アンテナ工事で起こるトラブルとは?

地上デジタル放送やその他諸々のアンテナ工事を行いたいと思った際、思いがけないトラブルに見舞われることがあります。一口にトラブルと言っても様々で、アンテナを設置したにも関わらず上手く映らない、施工業者に見積もり以上の金額を請求された、知らない機器が取り付けられている・・などが挙げられます。アンテナを設置しても上手く映らないという状態はよく起こるケースであり、電波の受信が弱ければ別途増幅器(ブースター)等を購入しなければなりません。また千葉のアンテナ工事は良心的な業者が大半ですが、中には悪質な業者もいます。こういった業者は見積もりをいい加減に行ったり、下見を十分に行わなかったりする場合が多いので、請求する場合は十分確認してから頼みましょう。

アンテナ工事で悪質業者に引っかからないために

千葉でアンテナを設置する際、多くの人がそれに対する詳しい情報を知りません。どんな種類のアンテナが必要なのか、又はどんなアンテナがあるのか、それによってどういった視聴環境になるのかといった細かい情報は、自分で調べても分かりづらい部分も多いかと思います。そういう時は業者の方に聞くのが一番ですが、悪質な業者の場合、そういった情報もはっきりと提示しないようです。悪質な業者を見極める為には、まず事前の下調べが重要です。殆どが良心的な業者であるかと思いますが、依頼をする前には口コミや評判サイトをチェックするように心掛けて下さい。また実際にアンテナ工事を依頼したという人が近場に居れば、直接聞いてみるのも確かな情報と言えます。

自分でアンテナ工事を行う際の注意点

アンテナ工事ははたから見れば簡単な作業に思われます。特にパラボラアンテナ等はベランダの縁に設置したりする事もありますし、素人でも出来る作業かもしれません。しかし、やはりプロとは経験が違います。しっかりと取り付けられればいいですが、屋根の上ともなると足場も悪いですし、プロのようなきれいな設置は中々出来ません。屋根から滑って事故に繋がる事もしばしばあるようです。確かに自力で取り付けることができればアンテナ購入代だけで足りますし、業者に頼む必要がないというメリットがあります。ただ、近年では素人がいい加減に取り付けてしまったアンテナが外れてしまい、風で飛ばされたり落下したりといった事故も起こっているようです。もしも通行人に当たってしまえば大きな事故に繋がります。やはり千葉県のアンテナ工事はプロに一任しましょう。

アンテナ工事は一度でも経験があるとどんな塩梅なのかが分かりますが、知らなければどこから手を付けていいかも分かりません。初心者には悪質業者の見極めが難しいかもしれませんが、各会社のHPをチェックすれば大体のサービス内容が把握できると思います。平均的な料金よりも明らかに差の大きい金額が提示されている業者には注意が必要です。こういった施工業には大体の相場が既に決まっていますので、そこから料金が逸脱する事は殆どありません。また、自分で設置する際に起こしてしまった事故については、お金で解決出来るならばまだ良いですが、誰かを傷つけてしまえばお金だけの話ではなくなります。アンテナ工事は甘く見ずに、注意をして取り掛かなければならないのです。

この記事をシェアする