シチュエーション別、地デジアンテナの賢い選び方

アンテナの選び方も注意しないと上手く地デジが映らないことがあるということをご存知でしょうか。これは、まず屋外に設置した場合に、屋根の形状により、設置方法が変わるということに起因します。また、当然それにより、設置の料金だったり、手間だったりも変わってきてしまいます。自分でこの方法がいいと思っていても、うまくいかないことがあるのです。今回は、そういう場合に、どのような取り付け方がされているか、具体的にご説明してご紹介します。

選び方が難しい。住まいによって変わる地デジのアンテナ

みなさんは、地デジのアンテナを取り付ける際に様々な取り付け方があるのをご存知ですか。例えば、一般的な住宅の屋根の上に設置する屋根上の設置方法があります。これは、すごくイメージがしやすいですよね。しかし、最近は、色々なデザインの形の住宅や、屋根の形の形状が特殊な住宅もあります。そういう中で、屋外での設置を選んだ場合は、壁の面に設置するという方法もあるんです。これは、あまり見たことがない方もいると思いますが、珍しいパターンといえるかもしれないです。例えば、一方に大きな面がある、片面の屋根などはこのパターンの場合が多いのではないでしょうか。また、最近では、屋根裏に設置するという方法もあるので、アンテナの選び方は受託の状況や、希望に応じて設置するのがいいというのが言えるでしょう。色んな種類があるなんて、面白いですよね。

地デジをみるためのアンテナの選び方は映るかどうか

当たり前に聞こえるかもしれませんが、地デジのアンテナをつけるのは、まず綺麗に、問題なくテレビを見るためです。先ほどお伝えしたように、様々な種類があるアンテナなので選び方も、好きなように選んでいいと、一見思う方も多いかと思いますが、そうではありません。最優先されるべきは、まずテレビの映り具合になるので、例えば、屋根裏への設置にためらいがあり、ベランダなどにアンテナを設置してほしいと希望しても、映りが悪いため採用されない場合もあるのです。また、お伝えした屋根裏への設置に関しては、電波状況のいい住宅地帯や、場所でないと難しい場合もあるようです。一般的に、屋根裏に設置できたら、見た目も大変すっきりするため、良さそうですが選び方も慎重にしなけらばいけないのですね。そうした、詳しいことは、自分で試しに買ってみて、お金を損するよりは、手っ取り早くプロに聞くのが得策かもしれません。

地デジのアンテナは色々なので、選び方は慎重に

自分の住んでいる地域のアンテナをよく観察したことがあるでしょうか。最近は、中古の家を購入する方や、はたまた新築に住みたい方などいろいろいらっしゃいますので、その中で、地デジのアンテナの携帯は結構進化してきています。オシャレで、場所も取らないデザイン性の高いアンテナなんかも最近は出回っているようで、選び方にも幅が広がってくるようになりました。まず、そうした今までにないアンテナを取り付けてみたいという方は、映り具合に密接に関係してくるため、業者の方などに家の状況や、希望などを細かく相談してみるのがいいかもしれません。その状況によって、経験のある方が、最適なアンテナを提案してくれたり、一緒に方法を考えてくれると思います。私の友人は、初めは自分で取り付けを希望していますが、やはり複雑な点が自分でこなせず、業者の方にお願いしたそうです。

テレビを綺麗に見たいという最終目的のために、どのようなアンテナがいいかというのは、中々素人では判断の付きにくいものがあります。自分で地デジを快適にみるために、機材を取り寄せても、結局上手く映らなかったということにもなりかねないので、家の形状にあった設置のしかたをプロの目で見て考察するということは大事なのではないでしょうか。選び方が分からないという場合は、自分で無理せずに依頼してしまうというのも結果的に、安く仕上げることができて、満足できたと言うことにつながるかもしれません。また最近はつけ方だけではなく、デザインにもこだわったものがあるので、気になる方は、チェックしてみる価値があります。あなたの家にあった、最適なアンテナを設置してください。

この記事をシェアする