地デジアンテナの壁付けはどこが適しているのか

家の外観をできるだけきれいに保ちたい人やアンテナの角度調整の手間をなるべく省きたい人にとって、壁に直接取り付けるタイプの地デジアンテナはうってつけと言えます。ここ数年では大手メーカーからより高性能で便利な壁付けアンテナが続々と売り出されているので、選択肢はさらに広がっています。メリットとデメリットを入念に検討したうえで、あなたのお住まいと予算、そしてライフスタイルに合った壁付けアンテナを選びましょう。

従来型とどこが違う?壁付け地デジアンテナのメリット

ベランダや屋根に設置する従来型の地デジアンテナと比較した場合の壁付けアンテナの大きなメリットは、そのすぐれたデザイン性です。スタイリッシュといっても過言ではないほどすっきりとした大人のデザインはどんな構造の建物ともマッチし、近くで見ても少しの違和感もありません。従来型から壁付けアンテナに切り替える人の多くは、クールでクセのない見た目に惹かれるようです。壁付け地デジアンテナのもうひとつのメリットは、風雨による劣化のリスクが軽減できることです。従来型と違い取り付ける場所がある程度自由に選べるので、雨にあたりにくい場所を選んで設置することができます。また、屋根に設置するタイプのように必ずしも高い位置に取り付ける必要はないので、故障時のメンテナンスも比較的楽に行うことができます。DIYでの取り付けがわりと簡単というのも、初心者にとってはうれしいポイントですね。大型の八木式アンテナにくらべて比較的安価であるという点も、従来型からの乗り換えを加速させる大きな要因となっています。

買い替え前に気をつけて!壁付けアンテナのデメリット

画期的なデザインとして近年注目されている壁付けタイプのアンテナにもいくつかのデメリットがあります。買い替え時に業者から指摘される大きな欠点としては、受信感度の悪さを挙げられることが圧倒的に多いようです。壁付けアンテナはデザイン性にすぐれている一方、サイズがちいさく薄型であるがゆえに受信感度があまり高くなく、電波レベルの低いエリアではそもそも使用できないというデメリットがあります。また、一般的なタイプの壁付けアンテナでは電波の指向性が弱く、いったん設置すると簡単には受信角度を変えられないという弱点もあります。デメリットばかりを並べてしまいましたが、最近では受信感度が格段にアップしたタイプや設置後も角度を変えられるアンテナなど、これまでの弱点を克服する画期的な壁付けアンテナがコンスタントに発売されているので、これからお求めになる際は充分に情報をあつめ、それらを慎重に検討したうえで購入しましょう。

こんな人におすすめ!次世代壁付けアンテナ

住まいの外観を損ねず、設置場所の自由度も高い壁付けアンテナは、消費者のニーズのなかから生まれた次世代の地デジアンテナといえるかもしれません。建物の美観を最大限に保ちたいというオシャレでセンス優先の人は、壁付けアンテナに切り替える価値があるといえるでしょう。壁付けアンテナは従来型よりも取り替えやメンテナンスが比較的簡単なため、アンテナの扱いに不慣れな初心者にとってもうれしいデザインだと思われます。ただし、当たり前のことですが購入の際にはプロの業者のアドバイスを充分に参考にしましょう。改良が重ねられているとはいえ、壁付けアンテナは従来型ほどの受信感度をもっておらず、そのうえ電波指向性も弱いためかぎられたエリアでしか使用できないという弱点があります。そのため、購入に際しては業者の電波調査にもとづいた使用判断が必要となり、条件が満たされなければ従来型アンテナの設置ということになります。そのあたりはプロフェッショナルの見立てを参考にして、最適なタイプのアンテナを選択しましょう。

この記事をシェアする