地デジアンテナをベランダに取り付けるのに必要な広さとは

どんなに性能の良い最新型のテレビアンテナでも、充分な設置スペースが確保されていなければ当然取り付けることはできません。とくに都心の集合住宅ではベランダのスペースがかぎられるため、実際に設置可能かどうかを依頼前にきちんと調べておく必要があります。取り付け工事前に注意すべきポイントは広さだけではありません。ベランダのタイプによってアンテナを使い分けるテクニックなど、テレビアンテナ工事の基本を御紹介します。

地デジアンテナの種類はベランダの広さで変わる

一般的に、地デジアンテナおよびBSアンテナは自宅のベランダに取り付ける家庭が多いかと思われます。地デジアンテナの種類は大別すると「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」の2つがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。八木式アンテナは古くから使われている一般的なタイプのアンテナで、魚の背骨がむきだしになったような独特の外見をしています。集合住宅のベランダに設置してあるのをよく見かけます。汎用性が高く、通常の集合住宅や一軒家では多少入り組んだスペースにも取り付けられ、なおかつ値段が手頃なのが大きなメリットです。ただ、骨組みがつねに雨風にさらされるため劣化が激しく、定期的な交換が必要になるというデメリットがあります。一方のデザインアンテナは比較的最近使われはじめたタイプで、洗練されたすっきりとした見た目が特徴です。八木式アンテナにくらべて若干高価というデメリットはありますが、家の外観と調和させやすく、ベランダ以外にも取り付けやすいメリットがあります。どちらのテレビアンテナが取り付けに最適かは工事のプロがよく知っているので、入念に相談したうえで慎重に決めましょう。

室内用地デジアンテナは本当に便利?

ベランダや屋上に地デジアンテナを取り付けることがどうしても不可能な場合の選択肢として、室内アンテナの使用があります。屋内にテレビアンテナを設置し、余分な取り付けスペースが不要ということで一見便利なようにも思えますが、使用にあたってはいくつかの注意点があります。第一に、室内アンテナは受信できる電波が弱く、屋外用テレビアンテナの代替品にはなりにくいという欠点があります。よほど電波環境の良い住宅で補助的に使用するのならともかく、室内アンテナだけでテレビ視聴に必要な電波をすべてまかなおうとするとやはり無理が生じます。それに、たまたま室内用アンテナで電波が受信できたとしても、その状態が安定するとはかぎらず、電波干渉の激しい地域では頻繁にノイズが発生したりします。室内用アンテナはその後の動作が保障できないので、設置工事を引き受けていない業者がほとんどです。高画質のテレビを楽しみたいのならやはり、屋外用テレビアンテナの取り付けをおすすめします。

広さだけじゃない!アンテナ工事、プロはここを見る

テレビアンテナを取り付けるにあたっての注意ポイントは、設置スペースの広さ以外にもたくさんあります。工事のプロが事前の現地調査でまずチェックするのは、電波の干渉状況です。周波数の近い電波同士が複雑に混線してしまうことを電波の干渉といい、テレビやラジオの放送が受信できなくなる原因となります。現地調査の目的は電波状況を把握することに尽きると言ってもよく、電波さえ確保できるとわかればアンテナの形状や設置スペースはプロの工夫次第である程度融通が利くそうです。電波は目に見えないものなので測定が非常に難しいのが特徴です。測定には専用の特殊な器具を使用しますが、電波は風向きや季節などによっても微妙に変動するため受信感度が大きく変わることもめずらしくありません。最近は高性能で利用できる電波の大きいテレビアンテナが数多く売られていますが、アンテナの取り付けにはこうした注意点があることも事前に把握しておきましょう。

この記事をシェアする