テレビアンテナを屋根裏に設置するメリットとデメリット

テレビアンテナの設置場所というと、これまではベランダや住宅の目立たない壁面、屋根の上などが一般的でした。屋根裏のテレビアンテナというといかにも電波が拾いにくくて不便そうですが、周辺の環境次第では電波も順調に受信でき、なおかつ安全に設置できる場所として注目されているのです。屋根裏にテレビアンテナを設置すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ほかの設置場所と比較したデメリットについてもまとめてみました。

屋根裏へのテレビアンテナ設置が増えつつある理由

一体なぜ、ここ数年急速に屋根裏へのテレビアンテナ設置が増えているのでしょうか。大きな理由のひとつに、「手軽さ」が挙げられます。屋根の上へのアンテナ設置には転落の危険がともないますが、屋根裏であれば家のなかから直接階段でつながっているので、ケガをするリスクはほとんどありません。それに、ベランダや屋根の上ならつねに雨風にさらされることになり、少しでも強い風が吹くとすぐにアンテナの角度が変わってテレビが映らなくなってしまいます。とくに高い屋根では強風にさらされる確率が高く、そのうえ簡単に行き来できる場所でもないためDIYによるメンテナンスもままなりません。その点、屋根裏であれば使わないスペースの再利用にもつながり一石二鳥です。ちなみに、屋根裏へのテレビアンテナ設置は現時点では一般的な方法とは言えないため、ほとんどの業者は請け負っていません。けれども、やがて屋根裏へのアンテナ設置が主流として認められる日もそう遠くはないと考えられます。

テレビアンテナを屋根裏に設置するうえでの注意点

便利で安全なテレビアンテナの設置場所として注目されている屋根裏ですが、実際に設置するうえではいくつかの注意点があります。第一に気をつけるべきなのは、テレビアンテナの受信感度です。屋根裏はもともと電波環境の良くない場所であることを理解しておきましょう。そのため、屋根裏へのテレビアンテナが可能なのは住宅全体の電波環境がよほど恵まれている場合にかぎられてしまいます。正確に言えば、どんなテレビアンテナでも屋根裏に設置することは可能です。設置そのものはできるけれども電波が弱すぎて使い物にならないという意味です。建物周辺の電波環境はレベルチェッカーを使うことで正確に測定できますが、もっと簡単に、ベランダに設置してもテレビが時折映りにくくなるようなら屋根裏への取り付けはほぼ不可能と判断することも可能です。ブースターによって電波を補強することもできますがやはり一定の限界があるため、それでもテレビが映りにくい場合は、あきらめて通常の設置場所に取り付けたほうが無難でしょう。

親子で挑戦!テレビアンテナ屋根裏DIY

屋根裏へのテレビアンテナ取付は室内で危険が少ないので、方法がわかれば小学生でも挑戦することができます。休日の時間のあるタイミングで親子そろってテレビアンテナの設置に取りかかるのも非日常的で面白そうですね。その様子を夏休みの自由研究で発表すれば、学校の先生からもほめられるかもしれません。テレビアンテナの設置はシンプルながらもたくさんの細かい工程があり、とくに男子の挑戦意欲を絶妙にかきたてることでしょう。要領が必要なところはお父さんが担当し簡単な作業は子どもにまかせるという様ににうまく役割分担をすればよりスムーズに進むでしょう。また、「アンテナを設置する」というひとつの明確なゴールがきまっているためペース配分がつかみやすく、子どもにとっても全体の流れを把握しやすいメリットがあります。作業の合間に学校での出来事などをさりげなく聞いてみると、意外に親子の会話がはずむかもしれません。従来型のテレビアンテナは先端がとがっている場合が多いので、子どもが触れてケガをしないように親がつねに注意しておく必要があります。

この記事をシェアする