アンテナを調整するだけで工事料金はかかるのか

アンテナ工事業者のウェブサイトを見ると、請負可能な工事メニューのなかに「アンテナ調整」という項目が記載されています。つまり、アンテナの角度を変えるだけでも調整料金という名目で代金が発生するのです。調整料金は業者によってまちまちで、安いところでは4000円、高いところでは1万円近い料金を徴収する業者もあります。ただ、料金には技術料がふくまれる場合もあり、高額だからといって必ずしも相場以上とはかぎりません。このページでは面と向かってはなかなか聞けない、でもだからこそ気になるお金の話について御紹介しています。

素朴な疑問!アンテナ調整って何するの?

テレビが映りにくくなる原因の大半はアンテナが正しい角度を向いていないことで、角度を直すことでたいていの問題は解決します。電波を正しく受信できるように直すのがアンテナ調整で、業者によって設定料金にばらつきがあります。激安をかかげる業者では3000円台の料金で依頼できる場合があります。1万円近い調整料金を設定する業者はどうしても割高に感じてしまいますが、それだけきめ細かいアフターフォローが期待できたり、ほかのオプション工事とセットで依頼できたりと、お得なサービスが受けられることがほとんどです。どちらの業者が最適なのかはアンテナの種類や使用年数、劣化の度合い、風雨にさらされるリスクなどによっても違ってきますが、調整料金が手頃でアフターサービスも抜群、という業者が最高なのは言うまでもありませんね。一般的に、設置工事のスキルが高い業者ほどその後のメンテナンスも丁寧で、なおかつトラブル時の対応もきめ細かいと言えます。

体験者に聞く!お金の疑問を業者にどうぶつける?

アンテナ工事業者とのやり取りで一番難しいのは料金面での質問の仕方だと、実際に工事を依頼した人は口をそろえて言います。日本人はとくに実際の料金交渉では業者に対して何も言えなくなりがちです。とりわけアンテナの調整料金などの業者間で価格設定にばらつきのあるメニューでは料金の意味を充分に把握できず、目についた格安業者にとびついたり、あるいは逆に必要以上に高い料金を支払ったりすることにもなりかねません。そうしたミスマッチをふせぐためにも、工事料金については見積もりの段階で業者と何度でも話し合いましょう。定期的に依頼を重ねていれば妥当な料金設定がどのくらいかがわかり、相場感覚も自然に身につきますが、慣れないうちは適切な質問の仕方さえわからず、ついつい業者の言いなりになりがちです。大切なのは、顧客側が正しい知識を身につけることです。依頼するほうが正確な知識を仕入れることで、悪徳業者から足もとを見られることもなくなるはずです。

DIYは禁物!アンテナ調整をプロに依頼したほうがお得な理由

アンテナ調整だけで5000円近い料金を支払うくらいなら自分で直したほうがいいということで、業者に頼まずにDIYでアンテナの角度を調整する人が少なくありません。数千円のアンテナ調整料金を浮かすことができるので一見お得なようにも思えますが、DIYによるアンテナ調整はあまりおすすめできません。長期的に見れば、プロの業者に定期的に依頼したほうがお得ですし、メリットも大きいのです。その理由として、調整後の動作の安定性の違いが挙げられます。どんなに手慣れているといっても、素人のスキルではアンテナを完全に正しい方向に調整することはできません。その点、業者はアンテナのプロですから、素人では絶対に気づかない機器の細かい異常もたちどころに発見し、軽微なものであればその場で修理もしてくれます。同じ業者にある程度長い期間工事を依頼することにより信頼関係が構築され、アンテナ以外の異常も指摘してくれるようになるかもしれません。その意味でも、数千円のアンテナ調整料金は決して無駄にはならないと断言できます。

この記事をシェアする