アンテナの料金は設置するものによって大きく変わる

アンテナと一口にいっても、性能や形、大きさによって料金は変わってくると知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、料金にばらつきがでる原因や、最近のアンテナの料金事情はどのようなものになっているかを紹介してきます。もし今後、アンテナの購入や交換の際に従来と違うものを付け替えたい、または性能やデザイン性を向上させたいと考えていらっしゃる方は参考にしてもらい、業者の方などにその旨を伝えてみるといいでしょう。

アンテナの料金は、屋外と屋内でも変わってくる

皆さんは、屋内用のアンテナがあるということをご存知でしょうか。最近では、色々なアンテナが増えてきて、一見アンテナに見えないようなアンテナも出てきたりしています。新築の方で、これからアンテナを設置しようと考えている方や、アンテナの寿命である10年が経ち、そろそろ交換を検討している方にとっては朗報かもしれません。ただ、アンテナの性能はもとより、屋外用や屋内用でも料金が変わってくることがあるので、事前にそういうものに興味がある方は、業者の方や購入先などできちんと確認しておくことをお勧めします。住んでいる地域の電波状況によっては屋内に置くと受信できない場合がありますので、その点も確認しておきましょう。

デザインを重視すると、更にアンテナの料金に差が出ます

アンテナには屋内用と屋外用があるということをご説明しましたが、最近のアンテナは実に多くの種類があるのです。というのも、一昔前だとアンテナと言うのは屋外に設置する、皆さんがよくイメージするような金属製の形状のものでした。最近は生活スタイルに合わせて選べる、モダンなデザイン性の高いアンテナも出てきたのです。もちろん、デザインの有無によって料金に差が出たり、性能により変わったりすることがありますが、基本的に私たち消費者にとっては、とても選択肢が増えてきたように思います。例えば、白い壁を基調としたかなりモダンなデザイン住宅を購入した場合、壁に取り付けるタイプの白いアンテナを選べば、家の景観を邪魔することなく取り付けることができます。メーカーによっては白だけでなく、黒や茶色もあるので家の壁に合わせて取り付けられるようです。

デザインと性能を意識したアンテナの料金の内訳

前述にあったような白い壁を基調とした家に、白色で壁に取り付けるタイプのテレビアンテナを取り付けた場合、どれくらいの料金になるのでしょうか。取り付け費用などを含めると、だいたい5万円以上から10万円以下になるようです。通常のアンテナ工事の費用が1万円台からあることを考えると、高めの料金になっていることがわかります。また、価格に差があるのはアンテナ自体も様々な大きさや性能があり、業者によっても取り付け費用が異なってくるためです。デザインや機能が良いほど高くなりますが、だからといってあまり安すぎるものを選ぶのは控えておきましょう。電波を十分に受信できなかったり、工事が不十分だったりするので、質の良いアンテナ・業者を選ぶようにして下さい。

まとめ

他の製品もそうであるように、アンテナと言うのも時代ごとに様々な進化を遂げています。細かい部分まで自分の住宅にはこだわりを持ちたいという方からすれば、アンテナが妙に悪目立ちすると考えてしまう方や、強風地帯であるならば、アンテナがずれたり壊れたりするのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか。そういう時は、初期料金か初期設定費用はかかったとしても、その後の心配やメンテナンス料金などを考慮してデザイン性の高いアンテナや室内に置けるアンテナの工事を依頼してもいいと思います。案外、初めは高額でも、今後のことを考えれば良かったという結果にも繋がるかもしれません。

この記事をシェアする