地デジアンテナのケーブルが足りない時に役立つ延長ケーブル

地デジのアンテナをみるために、ケーブルを延長させて電波状況を確保する方法があります。通常は壊れてしまえば、取り替えなくてはいけないというイメージがあるのですが、場合によっては延長によって症状を改善することができるようです。実際にはどのような場合にそうしたことが可能なのでしょうか。今回は、アンテナのケーブルが足りない場合についてご紹介します。

意外に、地デジ用のアンテナのケーブルを延長するだけ

みなさんは、今まで、アンテナをすでに設置してあるため、地デジが今まで通りちゃんとみれていたのに、突然、映りが悪くなってしまった、何て経験はありますか?そうした色々な原因が考えられる電波のトラブルですが、住んでいる地域の電波状況が微妙に変わってしまったなど、原因が分からない場合もあります。そんな時、アンテナのケーブルを延長をするという方法で、再度快適に見ることができる場合があります。ただ、延長をどうしたらいいかというのは、なかなか素人では、判断が付きにくいことですよね。ですので、一度映りが悪くなってしまい、自然災害などの影響が考えにくいなどのお悩みをお持ちの場合は、業者の方に聞いてみてください。交換せずに、延長で改善できる可能性もありますので。

地デジアンテナのトラブルがケーブル延長で解決した事例

ケーブル延長で解決した事例をご紹介します。その方は、地デジの映り具合がよくないということで、業者の方にお願いしました。業者の方が確認したところ、地デジを映すための、アンテナが、どうやら映りの良くない位置に設置されていたようです。業者の方が詳しく、屋根上の電波状況を測定してくれたところ、今の位置より別のところの方が、良いということになり調整しようとしたのですが、ケーブルが足りません。その時は、設置代金全般を抑えるためにも、ケーブルを延長するのが良いとアドバイスを受けたそうです。アンテナのケーブルを延長することにより、そう取り替えでなくなったため、費用も安く抑えることができたそうです。このようにケーブル延長のみで解決する事例もあります。

地デジのアンテナケーブルを延長するにも種類がある

このようにアンテナのケーブルを様々な事情で延長したいという場合、一律で同じケーブルで延長できるという訳ではない点も注意しておいた方がいいかと思います。もしも、あなたがご自身で延長をDIYでされる場合、安全上の注意をするだけでなく、地デジをみるためには、延長コードにも種類があるので、どういうものが合うのかなども事前に下調べをしておいた方が良いでしょう。事例でご紹介した方の場合、アンテナコードは、幸運なことに、業者の方が同じ型の延長コードをもっていたために、スムーズに延長することができたそうですが、一概にすべてのものが同じとはいえません。単純に費用を抑えるために延長することで、済ませてしまいたいと思っていても、ケースによってはそれが叶わない場合があるということも頭に入れておきましょう。

色々な方法がありますが、地デジをみるために、アンテナを取り替えるだけではなくて、ケーブルを延長させることで、電波状況を回復させるという方法があります。実際にそれだけで解決する場合も、取り替えなくてはいけない場合もあるので、業者の方と相談して、自分の希望を伝えてみることが大事です。何度もアンテナを交換する羽目になるというこは、避けたい事態なので、なるべく長く持つようにという要望も伝えて、しっかりとした工事をしてもらうのが大事です。

この記事をシェアする