アンテナの交換・工事について【千葉版】

アンテナ工事にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。また、アンテナ工事を必要としないケーブルテレビがあること、BSやCS放送では共通のアンテナで視聴が可能だという事実をご存知でしょうか。今回は、私達がアンテナ工事をする前に知っておきたい要点をまとめてみました。千葉県内にはたくさんのアンテナ工事業者がありますが、工事をスムーズに進める為に、事前に読んでみて下さい。

アンテナ工事が不要なケーブルテレビの対応とは?

2011年の7月より、アナログ放送が地上デジタル放送に移行しました。テレビやネット等で千葉県のアンテナ工事のCMがされていたのも記憶に新しいでしょう。実際地上デジタル放送とはどういったもので、どんな変更をしなければならないのか分からないという人が多かったと思われます。最近では2015年の3月、ケーブルテレビのデジアナ変換サービスも終了しました。「地上デジタル放送終了?」と驚かれた方もいるかもしれませんが、これはあくまでもケーブルテレビにおける地上デジタル放送のアナログ化であり、2015年3月までという期限付きで始まったサービスです。ケーブルテレビとはアンテナを取り付けずに、建物に有線を引くという視聴形式で、電波の届かない地域で多く利用されています。新しくデジタル放送を視聴するには、ケーブルテレビ会社と契約し直すか、地上デジタル用テレビやチューナーの購入等の対策をしなければなりません。

アンテナ工事を依頼する前に・・

アンテナにはどういう種類があるのか、テレビにはどのような視聴方法や視聴サービスがあるのかという細かい知識を持っている方はどれくらいいるでしょうか。引っ越しや新築を購入した際、アンテナ工事について慌てることがないよう、普段からどういう視聴がしたいのかを頭に入れておくと、千葉でのアンテナ工事依頼もよりスムーズに進みます。例えば、BS放送を観たい!と思って直ぐにBS用のアンテナを設置しようとしている方の場合、一部のBS放送はアンテナ工事をしなくても視聴が出来ますし、観たい番組がそこに含まれているならば、わざわざ工事をする必要はありません。またCS放送はBS放送と共通のアンテナで電波を受信できますが、サービス内容が違えば全く別のアンテナやチューナーを取りつけなければならない事にも注意が必要です。

アンテナ工事って簡単に出来るの?

BSやCSのパラボラアンテナを含めたアンテナ工事は比較的簡単に設置出来ますし、時間もそれ程掛かるものではありません。一見素人でも簡単に取り付けられそうですが、屋根の上での作業は危ないため、プロに任せましょう。また、電波の調整によってアンテナ以外に取り付ける機器が必要となるかもしれません。アンテナ工事を進めるにあたり、まず把握しておきたいのが地域の電波状況です。特にデザインアンテナ等は外壁に設置しますので、他のアンテナとは違い電波受信力が弱くなる傾向にあります。何の機器が必要なのか、どういった電波環境なのかという話は素人では分かりづらいものがあるため、できれば相談に乗りやすい、見積もりもスムーズに出してくれる施工業者に見てもらうことをおすすめします。千葉県内には多くのアンテナ工事会社や家電量販店や電気屋がありますので、信頼できる所に頼んでみるといいでしょう。

新しくアンテナ工事を依頼する場合、何かと不安は大きいでしょう。特に地域における電波の強弱も気になる点です。アンテナが電波をどれくらい受信してくれるかによって、視聴環境は大きく左右されます。千葉県は首都圏にも程近く、住宅も多い地域のため、電波環境は悪くありませんが、地域によって山や集合住宅地等に遮断されている場合もあります。また共同住宅地ならば元々設置されているアンテナから個別のアンテナを取り付ける必要もあります。そのため、いきなり「このアンテナで工事を依頼しよう」と決めないで、まずは周囲の電波受信状況を調べて貰い、その上で見積もりを立てるようにしましょう。電波調査を無料で行ってくれる業者もあるので、是非チェックしてみて下さい。

この記事をシェアする