テレビアンテナを支える「ポール」って何?

ポールという言葉を聞くと、皆さんは何をイメージするでしょうか。テレビをみるためのアンテナも、ポールが大きな役割を果たします。お住いの地域の電波状況が悪いという場合、ポールを立てて、電波を確保することができます。実際にどのようなケースで必要になってくるのでしょうか。今回は、ポールについて紹介していきます。

テレビのアンテナを支える大事な役割のポール

テレビのアンテナを取り付ける際に重要なのが、ポールをきちんと固定することです。ポールは、アンテナを支える長く伸びた支柱のことをポールと言います。これは、いかに良い電波を受信するかなどの要にもなるので、とても重要な役割を果たしているといえます。例えば、テレビのアンテナを取り付けると言っても、色々な形状の屋根に取り付けることになるので、一概に同じポールを選べばいいという訳ではありません。ポールの長さや、強度なども住環境によってさまざまに変えていく必要があります。つまり、ポールといえど何でも良いわけではないので、その選び方はなかなか難しいです。取り替えの機会もなかなかない、アンテナ工事ですから、選ぶならしっかりとしたアンテナ・ポールを選びたいですね。

こんな時もテレビのアンテナポールは役立ちます。

例えば、都内でのアンテナ設置の場合や、マンションなどの電波状況が問題のない場所での設置ならば支障はありません。しかし、山奥などに住んでおり、それも道路や人通りの多い場所から、かなり離れて奥まった場所で、テレビを快適に見たいとするならば、通常、普通に考えて良い電波を確保するのは、難しいです。ただ、電気を引き込むための特別なポールがあるのであれば、特別なポールにテレビ用のアンテナを設置して解決するということもできます。なので、もし一社に断られても、色んな方法があるかもしれないので、複数の業者に問い合わせすることをオススメします。

ポールの重要性

一つの事例を紹介します。テレビを購入した際に、家電量販店で購入したため、家電量販店と提携のある業者の方がアンテナの設置をしてくれたそうです。1年ほど経ったときに、電波の状況が悪いのか、テレビの映りが悪いことがあり、自ら調べてみたところ、アンテナを支えるポールの部分が止め具合が悪く、ポールに不具合が生じているように見受けられたそうです。経年劣化の可能性や業者の不具合が考えられますが、約1年の間、非常に不便を強いられたとのことでした。こういう場合は、もう一度ポールをきちんと固定して、電波の受信がしやすい状況にするだけでなく、以前よりも、ポールとポールをつなぎ合わせて、延長して高くすることで、よりよい電波状況が確保することが大事です。ポールの位置や状態によって不具合が発生することがあるので、定期的に状態をチェックすることは大事です。

この記事をシェアする