新築でアンテナを設置する際のポイント

新築でアンテナを設置する場合は、まとめて工事してもらいましょう。家が出来上がった後の工事は大掛かりになってしまい、見映えも悪くなる事が多いからです。地上波以外の放送は別のアンテナが必要なので、電波を一緒にする機械までケーブルが丸出しになります。コンクリート造は特に難しいので注意しましょう。

不動産屋にまず確認

新築でアンテナを設置したい場合は、まず不動産屋に確認しましょう。新居エリアがアンテナに適している場所か確認しないと、業者を呼んでも設置できない可能性があります。アンテナは電波を拾ってテレビに映しますので、エリアに届いている電波が弱いと設置が難しくなります。その場合は有線での放送を勧められますので、業者を呼ぶ前に検討してみてください。電波は基地局から発信しており、アンテナを基地局に向けて受信します。山や建物等で囲まれた場所ですと電波が上手く拾えない事が多く、有線放送が不可能な地域はブースターと言う機器を使い、強制的に電波を強くします。この機器は電波が弱すぎると使えませんので、過信しすぎないようにしましょう。また、電波を強くし過ぎるとテレビの故障の原因になりますので、必ず知識の有る業者に依頼するようにして下さい。

見たいテレビに合わせてアンテナを設置する

アンテナは幾つか種類があり、放送に合わせて設置します。一般的な地上波の放送は従来のアンテナで観る事が出来ますが、衛星放送等の電波の違う放送は受信出来ません。特殊な放送が観たいのであれば専用のアンテナが必要で、別に契約が必要な物も有ります。アンテナが無い場合は有線で受信していますので、有線放送の有料チャンネルを契約すれば特殊放送を観る事が出来ます。地上波以外のアンテナの場合は基本的に買い足す形になりますので、新しく取り付ける工事が必要です。放送の種類は各局で違いますので、自分が見たい放送が有るか確認してからアンテナを購入しましょう。販売店での放送の契約やキャンペーンによっては無料期間が設けられており、有料チャンネルをお試しで観る事が出来ますので、色々な放送を楽しめます。電気屋等にパンフレットが置いてありますので、参考にしてみて下さい。

アンテナ工事費の相場を知る

アンテナの工事費用は各販売店や業者で大きく異なり、決まった相場が有りません。量販店等の有名な店舗なら下請け業者が違うとしても工事費用が決まっており、言い値で判断される事は無いので安心です。アンテナの基本的な工事は取り付けと取り外し作業で、他はケーブルやアンテナ等の物の費用になります。大規模になると天井裏作業や高所作業車と言う項目が出て来ますので、十万単位の高額になるケースも多いです。作業工程が少ない程工事費用が安いのですが、ブースター等の機器を使用しなければならない場合は機器代金が高額になる事も有りますので本当に必要な機器か確認して下さい。このような機器は工事費込みでの費用が大半なので、市販での代金より何倍も高くなっています。工事費用は相見積もりを取る事で適正価格かどうかを判断できます。必要な機器だけで確実な工事をしてくれる業者に依頼しましょう。

まとめ

アンテナは幾つか種類があり、観たい放送で選ぶ必要が有ります。しかし、エリアによっては利用出来ないアンテナも有りますので、設置する場所が受信出来るか不動産屋に確認しましょう。地上波以外の放送は新規にアンテナを買い足す事になりますので工事が必要です。新築で設置する場合はまとめてアンテナ工事をすると費用の節約になり、コンクリート造りの物件ですとケーブルを埋め込む事も出来ます。費用相場は各業者でバラバラですので、相見積もりを取りましょう。