テレビアンテナが倒れた時にやってはいけないこと

屋外用テレビアンテナは四六時中風雨にさらされるため、強い風が吹くとどうしても角度が変わり、映りが悪くなってしまいます。角度が変わるだけならともかく、アンテナそのものが倒れてしまえば一大事です。正しい知識もないままにむやみにアンテナを起こそうとすればかえってアンテナを傷つけたり、自分自身が大ケガをしたりする危険性があります。DIYによるアンテナ修理ではどのような点に注意すればよいのでしょうか。具体的な注意点とトラブル時の対処方法をまとめてみました。

これだけはNG!自分でアンテナを直す場合の注意点

アンテナの故障はある日突然起こります。夜も遅い時間にアンテナが倒れた場合は、簡単に業者を呼ぶわけにもいきません。必然的に家庭でアンテナの微調整を行う機会が増えると思いますが、DIYによるテレビアンテナ修理には注意が必要です。知識と経験がない人はしばしば、テレビが映ればいいと考えて倒れたアンテナを強引に固定しようとしますが、これは最もやってはいけないパターンです。テレビアンテナには電波を受信しやすい角度というものがあり、やみくもに設置しても元通りにテレビを観ることはできません。また、テレビアンテナの骨組みは意外にもろく、強引に扱うと受信機能そのものがおかしくなり、アンテナとしての機能を果たさなくなってしまいます。また、アンテナが倒れたのを確認したらすぐに元通りにせず、その様子を写真に残すようにしましょう。専用の保険に加入している場合、修理費用などを補償してもらえることがあります。高い屋根などに取り付ける場合は転落などにも注意が必要です。プロに頼むことが最善ですが、やむを得ず自分だけで行う場合は事前にきちんと知識を仕入れて、万全の準備をして臨みましょう。

DIYのその前に!倒れにくいテレビアンテナの固定方法いろいろ

テレビアンテナが倒れた後は修理する以外に方法がありませんが、アンテナをできるだけ倒れにくくする工夫は可能です。アンテナをもともと倒れにくいように頑丈に固定しておけば修理する回数も減り、メンテナンス費用の節約にもつながります。最初の取り付け工事の際にオプションを申し込めば、通常の固定金具にくわえてさらに強度の高い専用金具をつけてくれる業者もあります。また、絶対に倒れないアンテナにしたいのであれば、デザインアンテナを選ぶことをおすすめします。デザインアンテナなら壁面に直接取り付けるタイプなので、どんなに強い雨や風にさらされたとしても決して倒れる心配はありません。また、倒れないというメリットだけでなく、デザイン性の高さなどの利点もあります。従来型の屋外用テレビアンテナにくらべるとやや高価ですが、倒れたアンテナを無理に直そうとしてケガを負うリスクを考えるとお得な選択であると言えます。購入する前に、まずは両者のメリットをくらべてみましょう。

企業秘密?工事業者がDIYをすすめない理由

DIYによるテレビアンテナの修理や角度調整などが手軽だとして流行しつつありますが、実際のところ、プロの工事業者はそうしたDIYをあまり積極的にすすめてはいません。その第一の理由は、危険性にあります。テレビアンテナはどうしても高いところに設置することになり、修理には相当な労力とリスクをともないます。とくに一軒家で屋根に細長いタイプのアンテナを設置している場合、ほんの少し屋根に上るだけでもその都度危険をおかさなければならず、知識をもたない一般の人にはリスクが大きすぎると取り付け工事のプロは口をそろえて言います。ケガのリスクだけではありません。専門知識のないままのテレビアンテナ修理ではアンテナの構造そのものをゆがめてしまう可能性が大きく、以前よりもかえって映りにくくしてしまうこともあります。DIYによるテレビアンテナ修理は本当の緊急時のみにとどめ、通常はスキルの確かなプロに依頼するようにしましょう。

この記事をシェアする